SCAMA

協会概要

補完代替医療は西洋医学以外の医療などを言い、人の医療分野では古くから広く取り入れられています。古代より世界各地に根付く民間療法や伝統療法、鍼や灸を代表とする東洋医学、その他にもカイロプラクティック・ホメオパシーなど多岐にわたっており、さらに機能性食品の有効性も広く知られるなど、注目されて久しいものとなっています。一方動物の補完代替医療は、家畜に対する針治療は、中国では古くから取り入れられているものの、伴侶動物に対し様々なものが取り入れられた歴史は非常に浅く、歴史ある針治療でも、系統だった教育基準さえないのが現状であります。動物に対し最も一般的に取り入れられている機能性食品を代表とした補完代替医療の現状を調査研究する必要性は誰もが認めるところとなっています。そこで私どもは動物補完代替医療研究会(SCAMA)を立ち上げ、動物達の健康回復・健康増進に役立つ研究、情報の収集・発信を行い、ひいては動物飼育者の精神の健全に寄与する事業を行って参ります。

目的

当法人は、動物補完代替医療に関する研究とその普及および振興に関する活動を行い、動物の健康増進に寄与すること及び動物に関する国民の利益となることを目的とし、次の事業を行う。
(1)動物補完代替医療の実態を把握しその情報を提供する。
(2)動物補完代替医療の有効性の調査。
(3)動物補完代替医療に関する情報の提供。
(4)その他、当法人の目的を達成するために必要な事業。

基金

基金は、財団法人・特殊法人・社団法人などが、事業・計画のために基礎とする積み立て資金です。
当法人は、経済活動の財産基礎となる基金を引き受けることができます。
(1)拠出された基金は、当法人が解散するまで返還はされません。
(2)基金の返還の手続については、基金の返還を行う場所及び方法その他の必要事項を、清算人において別に定めるものとします。
※残余財産・・・当法人が清算をする場合において有する残余財産は、社員総会の決議を経て、 公益社団法人若しくは公益財団法人又は特定非営利活動法人(租税特別措置法第6条の11の2第3項の認定を受けたものに限る)に贈与するものとさせていただきます。

一般社団法人 動物補完代替医療協会

所在地 〒145-0065
東京都大田区東雪谷3-28-12-403
TEL 03-6455-1850
FAX 03-6455-0591
HP http://scama.or.jp/
代表理事 柳生 哲汪
理事 齊藤 滋
大川 宗浩
I Love My Family